ホーム > すべて表示 > ヘッドライン >
■ 最新情報

[←前のページに戻る]

ひとり言 2018年7月1日
No.98 / Group:遠藤忠夫 ひとり言
Date: 2018/07/02(Mon) 10:34 [修正]
ひとり言

みなさん感謝しています。

いつでも、どこでも、どんな時でも上気元、絶好調で、ついてる真面目な遠藤忠夫です。

沖縄地方に続き、関東甲信地方も何と梅雨が明けました。

これから日本列島も夏本番を迎えますから、みなさん熱中症の対策にお水と天然塩をしっかりとりましょうね。



今回は「“足りるを知る”とはどういうこと?」と題して話をさせていただきます。よろしくお願いします。

ひとりさん曰く

「“足りるを知る”ということを知っていて不幸になることは出来ないし、また知らないで幸せになることも出来ない」と言っています。

それだけ幸せになるためには“足りるを知る”ということが大切になってきます。

では“実際に足りるを知る”とはどういうことなのか?

「欲しいものがあるのに我慢をしなさい」ということではありません。

そんな事をしていたら世の中の経済が回らなくなって国が滅んでしまいますし、またみなさんもご存じの通り我慢からは恨みしか生まれませんからね。
 

答えから話をしますね。

「“足りるを知る”とは感謝を知る」ということです。

例えば朝、靴下を履いたら足の指が出ていた。

それを見て「こんなになるまで私のために顔晴ってくれてありがとう。感謝します。」と言える人は足りるを知っている人。

その反対に「バーゲン品の安物だから直ぐに穴があく。なんて弱い生地なんだ。」と感謝の言葉ではなく文句を言う人は足りるを知らない人。


「古い車に乗っていたら壊れた。古い車はこれだから嫌だ〜。」と文句を言う人は足りるを知らない人。

「古い車に乗っていて壊れたけど、ありがとう大丈夫だよ。直ぐになおすからね。」と車に対しても感謝の言葉を発する人は足りるを知っている人



数ヶ月前に沖縄にある人が行きました。

そこで、いま流行っている安くて美味しいステーキハウスに行きました。

Aさんは1,000円ステーキを注文しました。

Bさんは1,500円のステーキを注文しました。

そしてステーキが登場。

「凄い美味しそう」と手を叩くBさん。

そして、「美味しい美味しい」と連呼して食べ始ました。

Aさんはというと「1,000円のステーキは硬くて美味しくない」と言い出して食べるのをやめてしまいました。

それを見たBさんは「硬いステーキが大好きだから交換しよう」と言いました。

Aさんは満足した顔でステーキを食べはじめました。

みなさんどう思いますか?


ステーキは昔からステーキではありません。

命ある牛さんだったのです。

私達は命あるものしか食べることが出来ないのです。

食べ物に感謝。

物に感謝。

全ての人に感謝。


足りるを知る = 感謝を知る

みなさん、足りるを知って人生を楽しく生きましょうね。

最後まで読んで下さいまして心より感謝いたします。

今日も真面目な話になってしまいました。(*^-^*)



2018年  7月  1日

遠藤隊 隊長   遠藤忠夫



- WL-News Ver1.02 -