ホーム > すべて表示 > ヘッドライン >
■ 最新情報

グループ:
ワード検索:
1 - 2 ( 87 件中 ) / グループ:すべてのグループ

ひとり言 2018年7月1日
No.98 / Group:遠藤忠夫 ひとり言
Date: 2018/07/02(Mon) 10:34 [修正]
ひとり言

みなさん感謝しています。

いつでも、どこでも、どんな時でも上気元、絶好調で、ついてる真面目な遠藤忠夫です。

沖縄地方に続き、関東甲信地方も何と梅雨が明けました。

これから日本列島も夏本番を迎えますから、みなさん熱中症の対策にお水と天然塩をしっかりとりましょうね。



今回は「“足りるを知る”とはどういうこと?」と題して話をさせていただきます。よろしくお願いします。

ひとりさん曰く

「“足りるを知る”ということを知っていて不幸になることは出来ないし、また知らないで幸せになることも出来ない」と言っています。

それだけ幸せになるためには“足りるを知る”ということが大切になってきます。

では“実際に足りるを知る”とはどういうことなのか?

「欲しいものがあるのに我慢をしなさい」ということではありません。

そんな事をしていたら世の中の経済が回らなくなって国が滅んでしまいますし、またみなさんもご存じの通り我慢からは恨みしか生まれませんからね。
 

答えから話をしますね。

「“足りるを知る”とは感謝を知る」ということです。

例えば朝、靴下を履いたら足の指が出ていた。

それを見て「こんなになるまで私のために顔晴ってくれてありがとう。感謝します。」と言える人は足りるを知っている人。

その反対に「バーゲン品の安物だから直ぐに穴があく。なんて弱い生地なんだ。」と感謝の言葉ではなく文句を言う人は足りるを知らない人。


「古い車に乗っていたら壊れた。古い車はこれだから嫌だ〜。」と文句を言う人は足りるを知らない人。

「古い車に乗っていて壊れたけど、ありがとう大丈夫だよ。直ぐになおすからね。」と車に対しても感謝の言葉を発する人は足りるを知っている人



数ヶ月前に沖縄にある人が行きました。

そこで、いま流行っている安くて美味しいステーキハウスに行きました。

Aさんは1,000円ステーキを注文しました。

Bさんは1,500円のステーキを注文しました。

そしてステーキが登場。

「凄い美味しそう」と手を叩くBさん。

そして、「美味しい美味しい」と連呼して食べ始ました。

Aさんはというと「1,000円のステーキは硬くて美味しくない」と言い出して食べるのをやめてしまいました。

それを見たBさんは「硬いステーキが大好きだから交換しよう」と言いました。

Aさんは満足した顔でステーキを食べはじめました。

みなさんどう思いますか?


ステーキは昔からステーキではありません。

命ある牛さんだったのです。

私達は命あるものしか食べることが出来ないのです。

食べ物に感謝。

物に感謝。

全ての人に感謝。


足りるを知る = 感謝を知る

みなさん、足りるを知って人生を楽しく生きましょうね。

最後まで読んで下さいまして心より感謝いたします。

今日も真面目な話になってしまいました。(*^-^*)



2018年  7月  1日

遠藤隊 隊長   遠藤忠夫


ひとり言 2018年6月1日
No.97 / Group:遠藤忠夫 ひとり言
Date: 2018/06/01(Fri) 22:14 [修正]
ひとり言

みなさん感謝しています。

いつでも、どこでも、どんな時でも、絶好調でついてる、真面目な遠藤忠夫です。

これから全国的に梅雨の時期になり、気温の変化が激しくなりますから体調管理をしっかりして風邪などをひかないようにしてくださいね。予防は大切ですからね。



今日は私達の生命の源でもある『水』の話をしたいと思います。

よろしくお願いします。

私達は、水道の蛇口をひねると水が出て、何の不安も無くその水を飲む事が出来ます。

みなさんは世界で安心して水道の水が飲める国がどれくらいあるかを考えた事はありますか?

国連に加盟している国は世界で193ヶ国。その中で安心して水道の水が飲める国は何と14ヶ国しかありません。

世界のほとんどの国の水道の水は飲む事が出来ないのです。ですから、みなさん水を飲むときに感謝をして飲む事を忘れないで下さい。

水は波動の影響を受けやすく『ありがとう』と言うと綺麗な結晶になり、『美味しくない』『臭い』『まずい』と言うと結晶が壊れてしまうそうです。



先日、ひとりさんから連絡をもらって一冊の本を紹介して頂きました。

本のタイトルは『病気を治す 飲水法』です。

この本は全米で百万部突破のベストセラーになった本です。

その内容は今までの医学界に革命を起こしたと本の表紙にも書かれているくらいで、万病を予防します。

私達の身体の75%をしめるのが水です。

水は生命維持に欠かすことのできない存在ですが、水が肥満や高血圧、心臓病やリュウマチ、潰瘍等を治せることが判り、

ニューヨークタイムズやABCニュースをはじめとする世界中の報道機関や医療関係の方々が賞賛の声をあげています。



詳しく知りたい方は本を読んでいただけるとわかりますが、結論から言うと一日に体重の30分の1リットル(体重45キロの方は1500tの水を飲みましょう)私の場合は2リットル以上飲めますね。

その時に忘れてはいけないのが天然の塩を一緒にとることです。

500tのペットボトルに対してティースプーン3分の1位を目安にすると良いです。

そして毎食の30分前にグラス一杯のお水をとってください。



私は心臓の手術を受けてから水を飲むように注意をしていました。

ビールやコーラ、オレンジジュースも水分として計算していましたが、それは間違いだとわかりました。

みなさんも勘違いすることがないようしてくださいね。



ひとりさんの言葉に

『いいこと聞いたら直ぐ実行 ほんとにすぐだぜ』

という話があります。

病気にならないことが一番ですが、なってしまった方も治し方がわかったら私と共に治して行きましょうね。

人生を健康で長く楽しむ為に。




最後まで読んで下さいまして、心より感謝いたします。





2018年 6月 1日


遠藤隊 隊長   遠藤忠夫


Page:[ / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 => / 次→ ]

- WL-News Ver1.02 -